column

post data

システムズエンジニアリングとは?~開発全体を牽引するキーパーソン

システムズエンジニアリングとは、大規模・複雑なシステムを実現するための「体系的な考え方」です。

システムズエンジニアは、コンピューターシステムだけではなく、電気、機械、制御、通信、ヒューマンマシンインターフェースなど幅広い分野を横断し、

モノゴトを「システムとして捉えデザイン」するキーパーソンだと言えるでしょう。

今回は、たびたび誤解されがちなシステムズエンジニアリングとはどのようなものなのか、説明していきましょう。

○システムズエンジニアリングとは?

  1. 「体系化された考え⽅」~⼤規模・複雑なシステムを実現する
  2. 「分析的な理解」~ライフサイクル、コンテキストなど
  3. 「アーキテクチャの設計」~機能設計(ふるまい)・物理設計(実現⼿段)
  4. 「戦略性を持って計画、実施」~ V&V(検証と妥当性確認)
  5. システムズエンジニアは「開発全体を牽引するキーパーソン」である

システムズエンジニアリングの特徴として、上記の通りまとめることができます。

どのような特徴を有しているのか、順番に解説していきましょう。

1.⼤規模・複雑なシステムを実現するための「体系化された考え⽅」

  • もともと⽶国の航空宇宙や防衛の開発などにおいて体系化された背景を持つ
  • 電気、機械、制御、通信、ヒューマンインターフェースなど複数の分野や専⾨性を統括、統合することが⽬的

システムズエンジニアリングは「体系化された考え⽅」です。

良くある誤解として、IT開発における「SE」と呼ばれるシステムズエンジニアリングと混同されることがありますが、技術分野に限定せずにあらゆるモノゴトをシステムとして捉え、デザインすることが特徴であると言えるでしょう。

電気や機械、通信、制御、ヒューマンマシンインターフェースなど、多くの専門分野や専門性を統括・統合し、大規模・複雑なシステムの実現を成功させていくことがスコープになります。

2.ライフサイクル、コンテキストなどの「分析的な理解」

  • Requirement Definition、要求分析とも呼ばれる
  • ⽬的、背景を明確化し⾏われる

システムの実現を成功させるためには、「分析的な理解」が求められます。

そのためには、「システムの目的や背景を明確化する」ことから始め、ライフサイクルやコンテキストなどの複数の視点で「分析的な理解」を進めていくことが必要です。

解決しなければならない問題を検討する前に、目的や背景を明確にすることによって、その解決策を設計することができるようになります。

これらは「要求分析(Requirement Definition)」とも呼ばれています。

例えば、時間軸で捉えた場合、ライフサイクル全体を視野に入れて考えれば、システムの運用中に想定できる全体を俯瞰することができます。

空間軸や意味軸などで捉えたい場合には、ライフサイクルごとにコンテキスト分析をしておけば、外部からの影響、あるいは外部に与える影響を把握することができます。

3.機能設計(ふるまい)・物理設計(実現⼿段)を含む「アーキテクチャの設計」

  • アーキテクチャを作り出す⾏為はアーキテクティングとも呼ばれる
  • 機能を要素に割り当て、要素間の関係性(インタフェース)を明確化すること

システムをデザインするために、「アーキテクチャの設計」が行われます。

「アーキテクチャの設計」とは、システムを構成している要素とその関連性について設計するもので、機能設計(ふるまい)・物理設計(実現⼿段)を含んでいます。

システムに求めている機能を実現するために、基本的な構成要素や論理構造について考え、さまざまな選択肢や手段を検討していきます。

機能を要素に割り当てることによって、要素間の関係性(インタフェース)を明確化することができます。

特定の考え方にとらわれないようになり、柔軟な発想によって目的を達成するための有効な物理設計(実現⼿段)が可能になります。

4.V&V(検証と妥当性確認)についても「戦略性を持って計画、実施」

  • ⽬的を定め、コンテキストを理解し、アーキテクチャを把握しているからこそ、戦略的なVerification & Validation(検証と妥当性の確認)、インテグレーションを計画できる

システムズエンジニアリングにおいては「Verification & Validation」と呼ばれる検証と妥当性の確認についても、戦略性を持って計画、実施していきます。

⽬的を定め、ライフサイクルを見渡し、コンテキストを描き、アーキテクチャをデザインすることができれば、特定の考えにとらわれることなく、多様な価値観によって検証(Verification)することが可能となります。

また、システムが完成した後も、妥当性の確認(Validation)が重要になります。

システムが完成したからと言って、現実的に使えるものなのかどうか分かりません。

目標としていた目的を果たすことができるものなのかどうか、総合的な試験やレビューなどによって確認する必要があります。

このような検証と妥当性の確認を通じて、全体を統合的にみるインテグレーションを計画することができるのです。

5.システムズエンジニアは「開発全体を牽引するキーパーソン」

  • システムズエンジニアリングは複数の専⾨分野を統合的に扱うアプローチである
  • 広く、汎⽤的な技術⼒が求められる
  • 多くのエンジニア、関係者らとのコミュニケーションを効果的に⾏うソフトスキルも求められる

「システムとして捉えデザイン」することは、さまざまな複数の専⾨分野を統合的に扱うアプローチであると言えます。

これを実践するシステムズエンジニアは、システム開発全体を牽引するキーパーソンです。

システムズエンジニアには、広く汎⽤的な技術⼒が求められていることはもちろんのことです。

しかもそれだけではなく、多くのエンジニア、関係者らをまとめあげる人間力やコミュニケーション能力も大いに求められているのです。

複数の分野のバランスを取りながら、多くの専門家や専門部署を統括し、目的に向かってシステムを実現することが、『システムズエンジニアリング』であると言えるでしょう。

アイキャッチ画像:Image by xresch from Pixabay
本文画像1:Photo by SpaceX on Unsplash
本文画像2:Image by RAEng_Publications from Pixabay

innovative DESIGN innovative DESIGNinnovative DESIGN innovative DESIGN

head office

神奈川県川崎市幸区新川崎 7-7 AIRBIC-A01号室

© 2020 innovative DESIGN LLC.

news